HOME > オーナー向け

もしご自身のマンションに空室が発生したらどうされますか?一般的に年月が経過した物件の価値は低下してしまっているため、入居率が下がり、空室が増えてくると『家賃の値下げ』に踏み切らざるを得なくなります。
入居率が低下して空室が増えてくると、近隣物件のさらなる値下げを呼び、価格競争に陥ります。これが重なり値下げをしなければならない状況になってしまうことも多いようです。しかし安易に家賃の値下げに踏み切っても良いのでしょうか?
悪循環に入ると『値下げの泥沼』から、なかなか抜け出せません。加えて値下げによりこれまでと違った入居者層の方が入ってくる可能性もありますし、家賃収入よりも返済額の方が多くなるという事態を招く危険性も考えられます。
では、この『家賃の値下げ』以外の手法はないのでしょうか?この悪循環を断ち切る一つの手法が『外装リフォーム』です。
麻布は、この賃貸経営の悪循環に打ち勝つ手法として、『外装リフォーム物件再生』をご提案いたします。



昨今、供給過剰の時代が到来し、空室のマンションが目立っております。『空室が常にある』『なかなか次の入居者が決まらない』などお困りではありませんか?
心当たりのあるオーナー様、『家賃の値下げ』を検討される前に、大切な資産である建物の外観を、改めてチェックすることをお勧めします。
『きれいな外観』は入居者の賃貸住宅選びの目安の一つです。新築後10年過ぎた頃から、外壁面には汚れや傷みが生じ始めてまいります。周囲の建物に比べ見劣りが感じられるようであれば、そろそろ注意が必要です。まず、安定した入居率による効率的な資産運用の為に、塗り替えによる建物外観のイメージアップをご計画されてはどうでしょうか。

幸和建装
  • トップページ
  • 住宅塗装の方はこちらから
  • 企業様・オーナー様はこちら
  • 施工事例
  • Q&A
  • Q&A
  • 幸和建装 価格表
  • HANA COLLECTION
  • 幸和建装 Blog
  • 幸和建装 Twitter
  • 対応エリア
  • 日本ペイント
  • エスケー化学
  • チャレンジ25